読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れ沖縄旅行 -お宿事情-

子連れ旅行で最も気を遣うのが、宿選びではないでしょうか。

 

うちの娘はこのとき8ヶ月、ずり這いしまくるお年頃。

 

宿を探す際の条件はこんな感じでした。

  • 和室もしくは和洋室で、土足禁止エリアのあるお部屋
  • 部屋にトイレとお風呂があること
  • できれば夜泣きの際に近隣のお部屋の迷惑にならないように…
  • 朝食ブッフェがあるとありがたい
  • 周辺に子連れで夕飯を食べにいけそうな飲食店があること

 

結論から言えば、Airbnbサイコー! ってことなんですが、今回はどこのお宿でも快適に過ごすことができました。

 

沖縄ホテル(那覇/安里) 

ゆいレール安里駅から徒歩5分くらい。

立地もいいし、16畳くらいの広〜い和室に娘も大喜びでした。

f:id:o8o8o8o8o:20170130195852j:image

建物はちょっと古いけど、それもまた味わい深い。 

f:id:o8o8o8o8o:20170130195823j:image

 ハイハイし放題!

 

朝食付きでしたが、無料で離乳食を用意してもらえました。

美味しい肉じゃが! 

https://www.instagram.com/p/BO0oSjzAFqg/

離乳食らしい離乳食。肉じゃがお粥。#離乳食 #9ヶ月 #朝食 #沖縄 #ホテルごはん #普通に美味い #これからはちゃんとしたの作ってあげよう

 

ムーンビーチパレスホテル(恩納村)

 和洋室だったのでこちらの宿を予約したのですが、なんとキッチン&ダイニング付きでした!

こんなにデラックスで、1人1万円しなかったんじゃないかな…長期滞在でますますおトクになるシステムだったはず。

f:id:o8o8o8o8o:20170130200023j:image

靴を脱いで利用するお部屋だったので、ここでも娘、ハイハイし放題!

自宅のようにリラックスしてくれました。

 

f:id:o8o8o8o8o:20170130200103j:image

バルコニーも広々&オーシャンビュー♫

 

f:id:o8o8o8o8o:20170130200124j:image

プライベートビーチの前にはプールも。

オフシーズンには半屋内の温水プールだけが使えました。

 

f:id:o8o8o8o8o:20170130200156j:image

海の見えるカフェバー。はぁぁ、南国リゾート気分も盛り上がる。

 

朝食ブッフェがとっても充実していたので、娘への取り分けを考えるのも楽しかったなー。

https://www.instagram.com/p/BO53su0AKyo/

バイキングだといろんな食材が試せて助かる。#離乳食 #9ヶ月 #子連れ旅 #朝食 #ホテルごはん #沖縄 #ピーマンにチャレンジ #無反応

 

このホテル、長期滞在者向けにカスタマイズされていることもあり、日本の大規模リゾート地! って感じがあまりなくてよかったです。周りに美味しいゴハン屋さんもいっぱいあったし、恩納村に泊まるならまたここでいいな。

 

Airbnbで(那覇/美栄橋)

子連れ旅の宿としては、完全貸切の民泊に勝るものなし!

2LDKバストイレ別、キッチンも洗濯機もついて1人5000円くらいでした。

 

f:id:o8o8o8o8o:20170130200255j:image

ハイハイし放題! 

テーブルもちょうどいい高さなので、つかまり立ちがだいぶ上達しました。

 

f:id:o8o8o8o8o:20170130200321j:image

もうひと部屋。

夜泣きがまだ少しあるので、この宿では、旦那さんがこちらの別部屋に泊まりました。

 

f:id:o8o8o8o8o:20170130200403j:image

玄関もこの広さ。ベビーカーもらくらく。

というか玄関の実家感がすごいw

 

食事はついていないけれどキッチンが使えるので、調乳や簡単な離乳食作りには不便しません。

牧志公設市場まで歩ける距離だったので、朝ごはん用のスパムおにぎりやサーターアンダギーを買ってきて食べるのも楽しかったな。

 

というわけで、さすが選択肢の多い沖縄。お宿に関してはほぼストレスフリー。

 

次回の旅でもAirbnbが大活躍間違いない予感がいたしました。